アイルランドのエンジニアの人生の一日…

アイルランドのエンジニアの人生の一日…

幼い頃からのコンピューターへの情熱と、機械の働きを熟考した探究心が、ロリー・バーンの職業選択を促しました。 アイルランドのダブリン出身のロリーは、データセンターエンジニアであり、 ラヒシステムズ。

カリフォルニア州フリーモントに本社を置き、 ラヒシステム 世界中の25以上の場所にオフィスがあります。 わずか4年前、同社はヨーロッパに進出し、60人以上のチームが急速に拡大しています。

Rahiに入社する前に、Roryはアイルランドで4年間、定評のあるIT修理会社を経営し、テクノロジーに関する知識の継続的な開発を楽しんでいました。 次に、2015で、彼は「何か違うことを追求する機会を得ました。」

データセンター業界でのキャリアを追求するというロリーの決定は、 アイルランドの急速に成長するデータセンターの風景。 による2018レポート アイルランドのホスト、 ヨーロッパの主要な業界団体は、アイルランドの新興データセンターセクターが過去7.13年間に経済に10bnを貢献したことを明らかにしました。

現在、高度なスキルを持つハンズオンエンジニアとして、ロリーはさまざまな サービス Rahiがコンピューターシステムを維持し、 ネットワーク 正常に動作しています。 これは、日々大きく異なるさまざまな責任を伴う仕事です。

Rahiのリードデータセンターエンジニアとして働くRoryは、研究と継続的な生涯学習が、新しい技術と既存の技術を最新の状態に保つために極めて重要であると感じています データセンター 業界。

Engineers Irelandによると、 10以降、大学アプリケーションのレベル8エンジニアリングコースの需要が2018パーセント増加しています。。 これは、アイルランドのエンジニアに対する需要と必要性によるものであり、これはもちろん、部分的には国の成長するデータセンター産業の結果です。

すべてのエンジニアのように、彼はより優れています 「実践」 トラブルシューティング、分離テストなどのアクティビティ ネットワーキング 「ラックアンドスタック」プロジェクトの一部です。

アイルランドおよびヨーロッパ全体のデータセンター業界の未来は上昇しており、アイルランドはデータセンターの中心的なハブとして機能するため、アイルランド経済に大きく貢献します。 アイルランドのホスト それが明らかになった データセンターへの投資は1.3bnを超えました また、2023までのデータセンターセクターへの継続的な投資は11bnを超えます。

Rory ByrneとのQuickfire Q&A

エンジニアになるという決断に影響を与えたきっかけは何ですか?

私が12だったとき、私は自宅でコンピューターを分解しました。それが、コンピューター、電話、その他のガジェット関連のものを好きになった理由です。 私は自分が今知っていることを学び、どのように機能するのかを理解するために自分自身にそれを取りました!

エンジニアが持つ必要のある基本的なスキルは何ですか?

データセンター業界で働くには、リーダーシップ、コミュニケーション、管理のスキルから、明白で技術的な探究心に至るまで、一定のスキルが必要です。

データセンターエンジニアの典型的な一日はどのようなものですか?

海外旅行やさまざまなプロジェクトでの仕事など、私が日々責任を負うさまざまな責任があります。 技術者として働くために、サイトに参加する必要がある場合があり、サポートからラックアンドスタック、廃止措置、または機器の移動まで、あらゆるものに関連する可能性があります。 別の日には、サーバーで診断を実行して障害を検出するだけの場合もあります。

ある日、ハードウェアのストレステストに関与して、ハードウェアに障害を発生させ、隠れた障害や予測される障害を明らかにしようとしています。 その後、必要に応じて、サーバー上のハードウェアとソフトウェアのアップグレードを実行する場合があります。

また、新しいハードウェアを運用環境に展開する必要があります。つまり、データとライブトラフィックがサーバー上で実行されます。 その時点でお客様が必要としているものに応じて、実際に取り組むべき領域は膨大です。

現在および将来の市場に精通するためには、新しい製品や手順に遅れずについていくことが非常に重要です。

Rahi Systemsでのあなたの役割で好きな部分は何ですか?

私は自分の仕事のさまざまな側面をすべて楽しんでいますが、特に構築を伴うプロジェクトを楽しんでいます! 私のお気に入りのプロジェクトは、「ラックアンドスタック」ビルド、およびトラブルシューティング、分離テスト、ネットワークです。 Rahiとの私のお気に入りのプロジェクトの1つは、ヨーロッパのある国から別の国へのデータセンターの移動を含む、私が関与したリフトアンドシフトプロジェクトでなければなりません。

コメントを残す