クラウドの移行には、アプリケーションアーキテクチャ、運用モデル、インフラストラクチャ統合の徹底的な評価が必要です。 クラウドに「持ち上げて移行」できるアプリケーションはほとんどありません。多くのアプリケーションは、新しいクラウド環境を最大限に活用するためにリファクタリングを必要とします。 仮想マシンに内蔵されたアプリケーションでも、ネットワーク、セキュリティ、およびIDの調整が必要になり、移行フェーズ中にベストプラクティスが適用され、データアクセスが常に維持されるようになります。

プロジェクト計画とタイムライン

Rahi Systemsは各アプリケーションを分析してクラウドの準備状況を判断し、クラウドに移行するためのプロジェクト計画とタイムラインを開発します。 業界をリードする移行ツールを使用して、可能な限り迅速にデータとアプリケーションを新しい宛先に移動し、運用チームが移行後の環境を引き継ぐことを保証します。 当社のソフトウェア開発者は、必要に応じてコードをリファクタリングし、特定のワークロードをコンテナ化して柔軟性を最大限に高め、弾力性のあるマイクロサービスまたはサーバーレスアーキテクチャのコスト効率を活用できます。

また、Rahiチームは、クラウドベースのワークロードの長期運用に必要なツールをお客様が確実に入手できるようにします。 適切なDevOpsツールを選択して実装し、開発、テスト、および展開を迅速化できます。

アプリケーションの準備

コンテナ化されたワークロード

DevOpsツール

テストと展開

クラウドを効果的に使用する方法

もちろん、すべてのアプリケーションがクラウドに移行できるわけではありません。 レガシープログラミング言語を使用して構築されたアプリケーションは、再構築するか、Software-as-a-Service(SaaS)ソリューションに置き換える必要があります。 他のアプリケーションやデータベースとの統合を必要とするものは、結果としてオンプレミスのままにする必要があります。 Rahiは、顧客がクラウドを最も効果的に使用する方法を決定し、既存のCapExリソースの価値を最大化するために一部のワークロードをオンプレミスに戻すこともできます。

エラー: コンテンツは保護されています!





选择语言 我ら CA
国を選択:

アメリカ - 英語

  • すべての国/地域
  • 北米
  • アジア太平洋地域
  • ヨーロッパ
  • 大中華圏
  • インド - 英語
  • 日本(東京会場での開催は終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。)
    日本語
  • シンガポール - 英語
  • 韓国- 한국어
  • オーストラリア - 英語