ハイブリッドクラウドは、1つ以上のパブリッククラウドとオンプレミスITリソースを組み合わせます。 これにより、組織は、厳しいビジネス要件とITニーズに柔軟に対応しながら、厳しいセキュリティ要件とパフォーマンス要件を備えたミッションクリティカルなワークロードの制御を維持できます。 また、開発および運用チームは、コスト、スケーラビリティ、および顧客の需要に基づいてワークロードをピボットできます。

クラウド戦略を構築する場合、組織はパブリッククラウドに移行できるアプリケーションとワークロードを特定し、それぞれに最適な移行戦略を決定する必要があります。 また、相互運用性を確保するために、選択したパブリッククラウドプラットフォームと互換性のあるオンプレミス環境を設計する必要があります。 これらの複雑なケースでは、エンドツーエンドのソリューションを提供するパートナーを見つけることは困難です。 パブリッククラウドプロバイダーとオンプレミスハードウェアベンダーは、クラウド環境全体ではなく、製品に当然焦点を合わせています。

クラウド戦略

Rahi Systemsは、顧客のビジネスニーズに基づいて、プライベート、パブリック、ハイブリッド、マルチクラウドのユースケースを組み合わせたクラウド戦略の開発と実行を支援する独自の資格を持っています。 データセンターインフラストラクチャの中心的な強みとクラウドプラットフォームの深い理解により、お客様の環境を評価し、各アプリケーションに最適なプラットフォームとクラウド環境を決定することができます。 弊社のエンジニアリングチームは、アプリケーションとデータの移行を支援し、マネージドサービスチームは監視、管理、コスト最適化を提供できます。

評価と設計
評価はクラウド戦略の開発に重要な役割を果たし、Rahiは既存の環境を評価することにより顧客第一のアプローチを取ります。
データ戦略
Rahiは、最大の価値を提供する環境にデータを配置することの重要性を認識しています。
移行
クラウドの移行には、アプリケーションのアーキテクチャと統合の徹底的な評価が必要です。
マネージメントサービス
Rahiマネージドサービスチームは、オンプレミス環境とクラウドベース環境の両方の監視、管理、サポートを提供します。
私たちの最新ニュースを受信するためにサインアップ