0

現代の職場では、コラボレーションは会議を意味します。 あなたが道路からダイヤルインするのか、自宅から参加するのか、エグゼクティブ会議室でその日のために電話を切ったのか。 Rahi Systemsは、あらゆるニーズに対応できる会議室ソリューションを提供することで、あらゆる会議でより多くの成果を上げるためにBose Professionalと提携しています。.

邪魔にならない技術
信頼性の低い技術に惑わされることなく、効果的なコミュニケーションを図ることが会議であるべきです。 Bose Professionalの会議ソリューションは、会議の会話や会話をより簡単にし、部屋の中にいる人にはっきりとした話し言葉で音声処理を最適化するので、遠隔地の参加者にも聞こえやすくなります。

明確なコミュニケーションのためのスケーラブルなソリューション
他の人と話すことは、彼らが部屋の中にいるのか別の半球の中にいるのかにかかわらず、自然に感じるはずです。 ボーカルの明瞭度のために設計された拡声器と専門の会議室アルゴリズムを特色とするプロセッサで、Bose Professional解決はチーム全体を同じページに保つのを助けます。

一瞬の会議
会議室では、コラボレーションは必ずしも行われません。 Bose Professionalは、カフェテリアでのミーティングでも、ロビーでの授賞式でも、すぐに装備が必要なスペースを埋めるためのフルラインのポータブルサウンドシステムを提供しています。

コントロールスペースEX-1280C

説明

スケーラブルなシステムのための柔軟なDSPプラットフォームであるControlSpace EX会議プロセッサは、さまざまなサイズの部屋をサポートする機能と将来のニーズを満たすための柔軟性を備えています。 オープンアーキテクチャのオールインワン設計のControlSpace EX-1280Cは、統合マイクオーディオ会議アプリケーション用の信号処理を提供します。 ControlSpace EXファミリーの最高性能プロセッサとして、EX-1280Cは、12マイク/ラインアナログ入力、8アナログ出力、8 AmpLinkデジタル出力、12アコースティックエコーキャンセラ(AEC)、および64 x 64Dante®接続を備えています。 ControlSpace Designerソフトウェアはドラッグアンドドロッププログラミングでセットアッププロセスを簡素化し、設定を素早く簡単にします。

主なメリット

オールインワンデザイン 単一の1RUモデルで同時VoIP、PSTN、およびUSBソフトコーデックをサポート
12アコースティックエコーキャンセラ (AEC)アナログ入力とDante®入力の両方にルーティングします。 複数の参照により、1台のEX-1280Cプロセッサが複数の部屋または複数のプロセッサ間でのAEC共有をサポートできます。
適応ノイズキャンセル 各AECチャンネルで。 会議の明瞭さと明瞭さを高めるための非線形処理と快適ノイズ
2-line VoIP IT担当者が設計ファイルへのアクセスやインテグレータの関与なしにVoIPパラメータを設定できるようにする内部Webインタフェースを備えています。
PSTN接続(RJ-11) 世界中のPOTS /アナログ電話システム用
USB接続 PCソフトコーデックとの統合が容易
Danteオーディオネットワーキング ネイティブのDante内蔵マイクを含む他のDante対応製品への接続用に64 x 64オーディオチャンネルをサポート
ボーズAmpLink AmpLink搭載のBoseアンプに8チャンネルの非圧縮低遅延デジタルオーディオを提供
前面パネルインタフェース ネットワークパラメータを設定し、チャネルアクティビティを監視するための大型OLEDディスプレイとロータリーエンコーダを備えています
GPIO(5入力/ 5出力) マイクプッシュボタンやマイクLEDの駆動などの外部接続用

仕様

シグナルプロセッサ32ビット固定/浮動小数点DSP 456 MHz / ARM Cortex-A8 600 MHz
ダイナミックレンジ> 115 dB A加重20 Hz - 20 kHz、アナログ入力からアナログ出力
出力チャンネル8バランス、ラインレベル
周波数応答20 Hz〜20 kHz(+ 0.3 dB / -0.1 dB)
INPUTチャンネル12バランス、マイク/ラインレベル
PC設定ソフトウェアControlSpace Designerソフトウェアバージョン5.5以降

EdgeMax EM180

説明

Bose Professional EdgeMax天井埋込型プレミアムスピーカーは、独自のBose PhaseGuideテクノロジーと高周波圧縮ドライバーを備え、より大きな表面実装型スピーカーに典型的な部屋いっぱいのカバレッジパターンと、建築家が好む天井埋込型モデルの美しさを組み合わせた新しいカテゴリーを生み出します。 。 壁と天井の境界近くにマウントするように設計されたEdgeMaxスピーカーは、従来のドームトゥイーターの天井スピーカーと比較して、必要なユニット数を減らしながら、音質とカバレッジを改善します。

主な特徴

PhaseGuideテクノロジー - 壁と天井の境界近くに設置する場合に、部屋を埋めるための独自の非対称垂直パターンを提供
部屋の見栄えを良くする - 天井の中央や壁に取り付けられたラウドスピーカーを排除して、要求の厳しいインテリアデザインに
公称180°水平カバレッジ - 壁のカバレッジゾーンに沿って天井に取り付けるように設計されています
高周波圧縮ドライバー - 典型的なドームトゥイーターと比較して優れた周波数応答とカバレッジの一貫性を備えたクラス最高のオーディオ品質
8インチウーハー - 壁境界荷重をかけると低音のインパクトが広がります
2ウェイパッシブクロスオーバー - 70 / 100Vトランス付き
新しいオートホールド、スプリング式マウントアーム - 速くて簡単なインストール
マグネット付きグリル - 配線やタップ設定に素早くアクセス
UL1480Aのリスト - 空調(プレナム)スペース設置用

仕様

周波数応答(+/- 3 dB)50 Hz - 18 kHz
周波数範囲(-10 dB)> 45 Hz - 20 kHz
公称分散75°垂直/ 180°水平
長期電力処理125 W(500 Wピーク)
感度(SPL / 1 W @ 1 m)93 dB SPL
最大SPL @ 1 m114 dB SPL(120 dB SPLピーク)
公称インピーダンス8Ω(トランスバイパス)

EdgeMax EM90

説明

Bose Professional EdgeMax天井埋込型プレミアムスピーカーは、独自のBose PhaseGuideテクノロジーと高周波圧縮ドライバーを備え、より大きな表面実装型スピーカーに典型的な部屋いっぱいのカバレッジパターンと、建築家が好む天井埋込型モデルの美しさを組み合わせた新しいカテゴリーを生み出します。 。 壁と天井の境界近くにマウントするように設計されたEdgeMaxスピーカーは、従来のドームトゥイーターの天井スピーカーと比較して、必要なユニット数を減らしながら、音質とカバレッジを改善します。

主な特徴

PhaseGuideテクノロジー - 壁と天井の境界近くに設置する場合に、部屋を埋めるための独自の非対称垂直パターンを提供
部屋の見栄えを良くする - 天井の中央や壁に取り付けられたラウドスピーカーを排除して、要求の厳しいインテリアデザインに
公称90°水平カバレッジ - 室内の隅に近い天井に取り付けるように設計
高周波圧縮ドライバー - 典型的なドームトゥイーターと比較して優れた周波数応答とカバレッジの一貫性を備えたクラス最高のオーディオ品質
8インチウーハー - 壁境界荷重をかけると低音のインパクトが広がります
2ウェイパッシブクロスオーバー - 70 / 100Vトランス付き
新しいオートホールド、スプリング式マウントアーム - 速くて簡単なインストール
マグネット付きグリル - 配線やタップ設定に素早くアクセス
UL1480Aのリスト - 空調(プレナム)スペース設置用

仕様

周波数応答(+/- 3 dB)50 Hz - 18 kHz
周波数範囲(-10 dB)> 45 Hz - 20 kHz
公称分散75°垂直/ 90°水平
長期電力処理125 W(500 Wピーク)
感度(SPL / 1 W @ 1 m)96 dB SPL
最大SPL @ 1 m117 dB SPL(123 dB SPLピーク)
トランスデューサ1 x 8インチウーファー/ 1 xコンプレッションドライバー
公称インピーダンス8Ω(トランスバイパス)

パワーマッチPM8500 / PM8500Nパワーアンプ

説明

Bose®PowerMatch PM8500構成可能なプロフェッショナルパワーアンプは、固定設置式の音響補強システム用に高度なスケーラビリティと構成可能性を備えたコンサート品質のサウンドを提供します。 イーサネット装備のバージョンはネットワーク構成、制御および監視を可能にし、拡張スロットはオプションのデジタルオーディオアクセサリカードからの入力をサポートします。 PowerMatchアンプは、数多くのBoseテクノロジを利用して、これまでにない性能、効率、および設置の容易さのすべてを、信頼性の高い独自の設計で提供します。

主なメリット

QuadBridge™テクノロジー各4チャンネルのスピーカーブロックをモノ、Vブリッジ、Iシェア、またはクワッドモードとして構成し、アンプブロックの利用可能な総電力を1つまたは複数の出力チャンネルに割り当てることができます。 このアンプは、低インピーダンスと70 / 100Vの両方のスピーカー負荷を直接駆動できます。
Bose®ControlSpace®Designer™ソフトウェアPowerMatchアンプは、ControlSpace Designerソフトウェアを使用して、オンボードのフロントパネルのUSB接続、またはリアパネルのEthernet接続(ネットワークモデルのみ)を介して完全に設定できます。 ControlSpace Designerソフトウェアを使用すると、パラメトリックEQステージ、各出力チャンネルのロードスイープ、オートスタンバイなどの追加機能にアクセスできます。 ControlSpace Designerソフトウェアは、ネットワークモデルのPowerMatchアンプをBose ESPプロセッサとCCコントロールセンターで構成される大規模な制御および監視システムに統合するためにも使用されます。
オートスタンバイ/オートウェイク機能有効にすると、この機能は自動的にスタンバイモードを開始または終了し、システムの消費電力を削減します。
QuadBridge™テクノロジー各4チャンネルのスピーカーブロックをモノ、Vブリッジ、Iシェア、またはクワッドモードとして構成し、アンプブロックの利用可能な総電力を1つまたは複数の出力チャンネルに割り当てることができます。 このアンプは、低インピーダンスと70 / 100Vの両方のスピーカー負荷を直接駆動できます。
二重電圧および電流フィードバックループ独自設計により、D級の効率と、スピーカーの負荷に供給される電流と電圧の両方を継続的に監視および制御する独自の電流および電圧フィードバックループ回路を組み合わせています。 電力レベルや負荷インピーダンスに関係なく、このアンプは可能な限り広いダイナミックレンジ、周波数応答、および可能な限り低い歪みを一貫して提供します。
PeakBank™電源回生4象限電源は、従来のD級設計では通常無駄にされる無効負荷からのエネルギーの再利用を可能にしながら、より高い電力密度を可能にします。 この非常に効率的なアンプ設計は、持続可能で再現性のある低周波応答を提供します。
高速トラッキング力率補正(PFC)AC電源から引き出される電流を効率的に管理し、アンプが電力変動なしでスピーカーを最大出力まで駆動することを可能にします。 PFCは、従来のD級アンプの設計よりもはるかに長いピークバーストパワーで優れた過渡応答と機能を提供し、最も要求の厳しいプログラム素材の要件さえも満たします。

仕様

最大定格電力4000 W(500 W x 8チャンネル(4オーム))
INPUTチャンネル8(バランスラインレベル)
出力チャンネル2から8(設定可能)
私たちの最新ニュースを受信するためにサインアップ