0
データセンター移転プロジェクト需要計画と専門技術

データセンター移転プロジェクト需要計画と専門技術

彼らは、死と離婚の後、人生で3番目にストレスの多い出来事だと言います。 今年、世帯を移転させる何百万人ものアメリカ人が大変だと感じたら、企業のデータセンター施設の移転を監督しなければならないIT管理者のプレッシャーを想像してみてください。

サーバ、ストレージシステム、LANおよびWANインフラストラクチャの移行を調整することは、軍事キャンペーンの戦略的精度でアプローチしなければならない重要な課題です。 今日のミッションクリティカルなシステムの「常にオン」な性質は、エラーの余裕がない。 何も偶然に残すことはできません。

ゼロから始めようとする組織は、新しい施設の計画を立てるためにデータセンターの設計者と契約しなければなりません。 次に、設計に基づいて実際にデータセンターを構築する施設請負業者を選択する必要があります。 電気、機械、配線業者も参加します。

既存のデータセンタースペースをリースまたは購入する企業でも、施設の計画を支援する必要があります。 データセンターの設計に携わった請負業者は、ラックやキャビネット、冷却システムなどのデータセンターインフラストラクチャのレイアウトを決定するのに役立ちます。 一部のコンポーネントのプロビジョニングには数週間から数か月かかる場合があるので、これはすべて事前に実行しておく必要があります。

その間、ITチームはプロジェクト計画を策定し、既存の機器をインベントリし、ラック図とポートマップを作成する必要があります。 物理的に移動する時間が来たら、ITチームは装置をシャットダウンし、データケーブルと電源コードを抜き、装置をラックやキャビネットから取り外さなければなりません。 この装置は、移動中に保護するために特別な箱に詰め込まれています。

機器が新しい場所に到着したら、箱から取り出し、整理し直してください。 それでは、機器の電源を入れ、すべてが機能することを確認してください。

データセンターの移転プロジェクトでは、紙で簡単​​に聞こえるかもしれませんが、重要な専門知識と多くの人材が必要です。 さらに、忙しいITチームは、日常の作業に追いついて移転プロジェクトを管理しなければなりません。

そのため、データセンターの移転経験を持つITプロバイダにプロジェクトを委託することはしばしば理にかなっています。 適切なパートナーは、データセンターインフラストラクチャだけでなく、サーバー、ストレージ、ネットワーク機器、およびその他のコンポーネントにも幅広い専門知識を持ちます。 認定されたITプロバイダーは、ゼネラル・コントラクターとして働き、関係するさまざまな第三者ベンダーを監督し、ITの観点からプロジェクトを計画できるエンジニアを提供することができます。 ITプロバイダはまた、 スマートな手 その動きの物理的側面を支援する。

Rahi Systemsは成功の実績を持っています 世界中のデータセンター移転プロジェクト。 複数の小規模なデータセンターを1つの最適化された施設に統合し、データセンターのリソースを移動してビジネスの成長をより良くサポートできるよう支援してきました。 これらの取り組みの一環として、お客様は、ITインフラストラクチャの長期的な強化を実現し、データセンター環境の運用効率を向上させることも支援しました。

新しいデータセンターに移行することで、パフォーマンスを最適化し、コストを削減し、容量を拡張して新しいアプリケーションやワークロードをサポートする機会が得られます。 しかし、データセンター移転プロジェクトは大きな事業です。 IT管​​理者は、Rahiなどの資格のあるITプロバイダと提携することで、大きな頭痛を免れます。 成果を確実にするために私たちの知識と経験を適用しましょう。

「上2の考えデータセンター移転プロジェクト需要計画と専門技術

  1. アバター
    ヴァネッサ・ブレア - 月25、2018で3:48午前

    私の兄のオフィスは別のオフィスに移動し、転送する必要があるファイルもあります。 ここでは、適切なパートナーがデータセンターの再配置を容易に支援できることが説明されています。 さらに、データセンターの移転については、経験豊富なコンピュータサービスに行くことを強くお勧めします。

    返信
  2. アバター
    ジョイバトラー - 月31、2018で2:44午前

    機器が新しい場所に到着したら、それを取り除き、整理し直しなければならないことを明らかにしたことは素晴らしいことです。 私は、移転された後、すべてが適切に機能することを確実にする必要があることは間違いありません。 したがって、このプロジェクトの専門知識は本当に必要です!

    返信

コメントを残す