NVMeがハイパフォーマンスアプリケーションを最大限に活用する方法

NVMeがハイパフォーマンスアプリケーションを最大限に活用する方法

IDCは、データの雪崩が、44によって2020 zettabytesに到達し、163によって2025 zettabytesに達すると予測しました。 データ量が爆発的に増加するにつれて、組織はデータからより多くの洞察を求められるだけではありません。 彼らはそれらの洞察をより速くしたい。 彼らは ITインフラ 迅速なビジネス上の意思決定、業務効率化、新製品やサービスの市場投入までの時間を短縮する、リアルタイムの分析やその他の高性能アプリケーションをサポートします。

ただし、ストレージインフラストラクチャのボトルネックは、データアナリティクスの価値を最大化できないような遅延を招きます。 この問題は、ハードディスクドライブ(HDD)だけではありません。 パフォーマンス、密度、容量が大幅に向上したソリッドステートドライブ(SSD)でさえ、今日のアプリケーションの要求を満たすのに苦労する可能性があります。

多くのフラッシュアレイでは、HDD用に設計されたレガシーストレージインターフェイスとプロトコルが使用されています。 HDDは非常に遅いため、キャッシングなどの技術を使用して、データの読み取り/書き込み回数を最小限に抑えます。 さらに、ソフトウェアはHDDのハードウェアよりもはるかに高速だったため、決して最適化されませんでした。

非揮発性メモリ・エクスプレス(NVMe)は、組織がフラッシュを活用できるようにします ストレージ技術 最新の高性能アプリケーションを最大限に活用することができます。 NVMeはフラッシュ用に特別に設計されたストレージインターフェイスで、レガシーインターフェイスを使用して最速のSSDの5倍の帯域幅を提供します。 NVMeドライブは、レイテンシを削減しパフォーマンスを向上させる、より簡素化されたプロトコルも備えています。

NVMeはもともと直接接続型ストレージ(DAS)で使用され、PCIe経由で接続されたサーバとフラッシュドライブ間の通信を提供していました。 NVMeを使用すると、何千ものキューを介してコンピューティングとストレージ間の並列通信が可能になり、古いプロトコルに比べて大幅なスループットが向上します。

NVMeプロトコルは、NVM over Fabrics仕様の昨年のリリースのおかげで、ストレージエリアネットワーク(SAN)で使用されています。 NVM over Fabricsは、企業がイーサネットおよびファイバチャネルSANでNVMeを利用できるようにします。 このようなストレージファブリック上に拡張すると、NVMeは1,000共有 ストレージデバイス 何千もの並列要求をサポートします。

NVMeはストレージパフォーマンスのボトルネックを解消するだけでなく、リソース使用率を向上させ、ストレージ環境の統合を可能にします。 高性能フラッシュドライブは、より大きな記憶密度を提供することができ、大規模で非常に複雑なデータセットが常に瞬時に分析できるようにします。 NVMeは、データセンターの設置面積を小さくして複雑さを軽減し、消費電力と冷却コストを削減します。

Western Digitalの一部であるTegileは、NVMeをIntelliFlashストレージ技術に組み込んでいます。 IntelliFlash Nシリーズは、デュアルコントローラと24 PCIe NVMe SSDを搭載した統合ブロック/ファイルアレイです。 ハイエンドのIntelliFlash N-5200アレイが23TBから46TBまでスケーリングされている間は、エントリレベルのIntelliflash N-5800は未処理容量の76TBから153TBにスケールされます。

Tegileは、フラッシュアレイでは常に高性能で知られていましたが、Nシリーズはエンタープライズストレージに近いメモリスピードをもたらします。 Nシリーズアレイのラックは、重複除外と圧縮により容量14TBまで拡張でき、60-μ秒以上の応答時間で200以上のIOPSを実現します。

高性能アプリケーションをサポートできない従来のインフラストラクチャでは、リアルタイムでデータを実用的な洞察に変換できません。 さあ、どうぞ ラヒシステムTegileのWestern Digitalフラッシュテクノロジを使用してNVMeストレージプロトコルを使用してパフォーマンスを最大限に最大限に引き出す方法を紹介します。

コメントを残す

エラー: コンテンツは保護されています!





选择语言 US CA
国を選択:

アメリカ - 英語

  • すべての国/地域
  • 北米
  • アジア太平洋地域
  • ヨーロッパ
  • 大中華圏
  • インド - 英語
  • 日本(東京会場での開催は終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。)<br> 日本語
  • シンガポール - 英語
  • 韓国- 一口
  • オーストラリア - 英語