ラック配電ユニットがどのように将来のデータセンターを証明するのに役立つか

ラック配電ユニットがどのように将来のデータセンターを証明するのに役立つか

IT管​​理者が直面する最大の課題の1つは、テクノロジの変化率にどう対応するかです。 ハードウェアが進化し、新しいツールが絶えず導入されるにつれて、組織は新しいソリューションをサポートし、拡張できるようにデータセンターを設計する必要があります。 目標は、「引き裂いて取り替える」プロジェクトを繰り返すことによる費用とリスクなしに、データセンターを「将来に向けて」新しいテクノロジーに対応させることです。

新しいハードウェアへの投資をサポートすることができる利用可能な電力容量を特定する能力は、将来を見越して保証するために重要です。 ますます多くの組織がインテリジェントで高密度を使用しています パワー 広範囲のモジュール、コンセント構成および機能をサポートするための配電ユニット(PDU)。 新しいハードウェアとワークロードがデータセンターに追加されると、高密度PDUによって環境全体の管理が容易になります。

インテリジェントな高密度PDUは注文するように構成できるため、基本的に仕様に合わせてPDUを組み立てて納品することができます。 また、ゼロタッチプロビジョニングを使用すると、数千分で数千のPDUを展開できます。 地理的に分散している複数のデータセンターで利用可能な電力容量は、1枚のガラス窓から、ラックや列まで、リモートで管理できます。 位相が交互になっているPDUは、データセンターの設計を複雑にすることなく柔軟性を高めるために、各ブランチではなく各コンセントの位相電力を切り替えることができます。

最新のデータセンターには、4つの基本タイプのPDUがあります。 監視対象PDUは、各ラックに接続されているすべての機器の消費電力を測定します。 監視対象PDUには、入力モニタリングと分岐モニタリングも提供する必要があります。これにより、正しいロードバランシングが保証されます。 監視対象PDUはラックレベルで消費電力を測定しますが、コンセント監視対象PDUは各コンセントのデバイスレベルで消費電力を測定します。 複数のユニットにまたがってコンセントをグループ化することで、デュアルコードデバイスの総消費電力も確認できます。

スイッチドPDUを使用すると、コンセントをリモートでオンまたはオフにすることができます。これにより、機器を再起動し、未使用のコンセントを強制的にオフにすることができます。 使用するとき コロケーション 装置、この機能はコロケーションプロバイダによる不注意な請求を防ぐことができ、あなたが偶然の過負荷を避けるのを助けます。

VertivはアダプティブPDUも提供していますこれはMPXと呼ばれ、ホットスワップ可能なモジュラー出力電力、ホットスワップ可能なモジュラー通信、およびモジュラー入力電力を使用して、変化するラック機器と電力容量の要件に動的に対応します。 インテリジェントなアダプティブPDUテクノロジにより、重要なデバイスを監視、制御、および管理しながら、ニーズの変化に応じてモジュールを柔軟に再展開できます。 必要なものだけを購入し、IT機器の要件に従ってMPXをオンサイトで設定します。 その後、必要に応じて電源入力と配電を再設定します。

監視型、交換型、適応型、および管理型のPDUを含むVertivラックPDUポートフォリオを使用すると、データセンターの特定のニーズに基づいて、さまざまなモデルの機能を組み合わせることができます。 これらのPDUは、より高い電力密度をサポートし、より高い温度に耐えて電力の可用性を最適化します。その一方で、正確なエネルギー計測により、エネルギーの使用量とコストを制御できます。

Vertivアダプティブ(MPX)およびマネージド(MPH2)ラックPDUもVertivのPDUとシームレスに統合 インフラ管理ツールラックPDUからのラックレベルの電力および環境モニタリングデータも同様です。 これらはすべての業界標準の管理、認証、および暗号化プロトコルをサポートしており、ほとんどの業界のラックに配置できます。

Rahi Systemsは、お客様の電力要件を正確に計算し、どのソリューションがデータセンター機器に最適かを判断できます。 VertivラックPDUがどのように将来の耐用年数を保証するのに役立つかをご紹介します。 データセンター環境 だからあなたは絶えず変化する技術についていくことができます。

コメントを残す

エラー: コンテンツは保護されています!





选择语言 US CA
国を選択:

アメリカ - 英語

  • すべての国/地域
  • 北米
  • アジア太平洋地域
  • ヨーロッパ
  • 大中華圏
  • インド - 英語
  • 日本(東京会場での開催は終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。)<br> 日本語
  • シンガポール - 英語
  • 韓国- 一口
  • オーストラリア - 英語