組織がキャンパスネットワークへの新しいアプローチを必要とする理由

組織がキャンパスネットワークへの新しいアプローチを必要とする理由

  キャンパスネットワーク有線とワイヤレスの両方が、これまで重要ではありませんでした。 ユーザーはキャンパスネットワークを利用して、生産性を向上させるアプリケーションやサービス(オンプレミスと クラウド。 ますます多くの組織では、Internet of Things(IoT)デバイスがキャンパスネットワークに接続され、運用プロセスを推進し、意思決定に役立つ大量のデータを収集して送信します。 残念なことに、多くのキャンパスネットワークは、これらの増大する要求に対応するために苦労しています。

レガシーネットワークは、1990で導入されたネットワークスイッチの「スタック」で構成されている場合があります。 幾分新しいネットワークアーキテクチャーはファブリックベースのアプローチを採用しており、パフォーマンスを向上させるためにトラフィックを最短経路に沿って「東西」に流すことができます。 しかしながら、 ネットワークデバイス ボックス単位で手動で維持されます。 有線ネットワークと無線ネットワークは、数多くの管理プラットフォームとプロトコルを使用して別々に管理されています。 過度に伸びたITチームは、新しいサービスを迅速に展開し、高品質のユーザーエクスペリエンスを確保するために必要な可視性とコントロールが欠けています。

シングルペイント・グラス・マネージメントを備えた統一された有線およびワイヤレスのネットワーク環境は、これらの課題を軽減するのに役立ちます。 完全統合管理により、計画、導入、運用の複雑さが軽減されます。 ネットワークインフラ。 また、ミッションクリティカルなリソースへの安全なアクセスと、有線ネットワークと無線ネットワークの両方での一貫したユーザーエクスペリエンスも提供します。 構成、監視、および障害管理機能は、ボトルネックを分離し、問題の解決を迅速化します。

しかし、シングルペイント・オブ・グラスの管理は、このストーリーの一部にすぎません。 ITチームは、新しいサービスを迅速に展開し、新しいユーザーを迅速に導入し、サイバー攻撃を防止できる自動化されたソフトウェアベースのアプローチが必要です。 近年、これらの要求を満たすインテントベースのネットワーキングが登場しています。

インテントベースのネットワーキングにより、より機敏に キャンパスネットワーク アプリケーション要件に自動的に適応し、ユーザーエクスペリエンスを最適化することができます。 管理者は、ネットワークインフラストラクチャによって実現されるビジネス目標を定義し、集中コントローラのソフトウェアは、その結果を達成するために必要な低レベル構成を自動的に実装します。 このソフトウェアは、ネットワークの状態を継続的に監視して、ネットワークが行うべきことを確実に実行するようにします。

インテントベースのネットワーキングには、ポリシーベースのネットワーク管理の要素があります。 ソフトウェア定義 ネットワーキング(SDN)が、これらの概念をさらに引き継いでいます。 管理者は依然としてポリシーを定義していますが、ソフトウェアはそれらをビジネス意思と関連付けます。 インテントベースのネットワーキングはSDNと同様に自動化とオーケストレーションを提供しますが、これらの機能は人工知能と高度な分析機能によって強化され、トラフィックパターンとセキュリティ脅威を識別するために「学習」します。

インテントベースのネットワーキングのコンセプトは、ApstraやVeriflow Systemsなどのニッチベンダーによって開発された製品を使用して、数年間にわたって行われてきました。 しかし、シスコが6月の2017でインテントベースのネットワーキングソリューションを発表したとき、その技術は大きな力を発揮しました。 これにより、GartnerのアナリストAndrew Lerner氏は、インテントベースのネットワーキングをネットワーク技術の "次なる大きな役割"と呼び、ITリーダーに開発を注視させるよう促しました。

Mr. Lernerの予測が見えるかどうかはまだ分かりません。 それにもかかわらず、組織は新しいアプローチを必要とします キャンパスネットワーク パフォーマンスと信頼性に対するユーザーの期待に応え、IoTイニシアチブをサポートすることになります。 あなたのキャンパスネットワークがあなたを後押ししている場合、Rahiのエンジニアは新興テクノロジーを評価し、常に変化する要件に対応する機敏性を提供する新しいインフラストラクチャを設計するのを手助けすることができます。

コメントを残す

エラー: コンテンツは保護されています!





选择语言 US CA
国を選択:

アメリカ - 英語

  • すべての国/地域
  • 北米
  • アジア太平洋地域
  • ヨーロッパ
  • 大中華圏
  • インド - 英語
  • 日本(東京会場での開催は終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。)<br> 日本語
  • シンガポール - 英語
  • 韓国- 一口
  • オーストラリア - 英語