コロケーション環境で容量計画が重要な理由

コロケーション環境で容量計画が重要な理由

多くの組織は、独自のデータセンターを構築または拡張するのではなく、コロケーション施設に移動することを選択しています。 コロケーションにより、資本を節約し、データセンターの費用を元帳の運用側に移動できます。

しかし、コロに移行しても、効果的なキャパシティプランニングの必要性がなくなるわけではありません。 コロケーションプロバイダーから購入するスペースとパワーの価値を最大限に高めることが重要です。

コロケーション施設は、固定の増分で電力を販売します。多くの場合、ラックごとに5KWです。 2.5KWのみを使用するラックにギアを設置すると、使用していない電力に対して料金を支払うことになります。 これは「孤立電源」として知られています。ラックがいっぱいでない場合は、より多くの機器を入れて、より多くの電力を消費することができます。 しかし、それがいっぱいで、コロにさらにギアを移動する必要がある場合は、別のラックを追加する必要があります。 今、あなたはより多くのスペースともう1つの5KWの電力を購入しています。 環境が大きくなると、コロ請求額は予定よりもはるかに大きくなります。

これはどのように起こりますか? もちろん、理由はさまざまですが、多くの場合、十分に活用されていない機器に関係しています。 多くの組織には、キャパシティの下で十分に動作しているサーバーがあります。 たぶん、1日3時間しか実行されないアプリケーションがあり、サーバーは他の21時間はほぼアイドル状態になります。 オンプレミスのデータセンターでは、それほど違いはありません。 しかし、コロケーション施設では、そのサーバーがラック内のスペースを占有しており、サーバーが使用していない電力に対して料金を払っています。

ハイパースケールのデータセンターの管理者は、各機器がどのくらいの電力を消費するかを粒度レベルで把握しています。 しかし、ほとんどのITプロフェッショナルは、電力要件の基本的な理解しか持っていません。 機器のフェイスプレートに記載されている電源仕様を見て、少しの計算をするのが理にかなっていると思うかもしれません。 しかし、機器メーカはほとんど常に電力要件を過大評価していますので、必要以上に多くの電力をプロビジョニングすることになります。

コロケーション施設への入居を計画している場合は、複数年契約を締​​結する前に宿題をするのに費用がかかります。 ラボにテストベッドをセットアップすることにより、ラックレベル、理想的にはデバイスレベルの両方で、実際のワークロードで機器が消費する電力を監視できます。 デバイスレベルでの消費電力の監視はより困難ですが、コロ配置に最適なラック構成を決定するのに役立ちます。

あなたのコロスペースを拡大することを決定するとき、同じ原則が適用されます。 coloプロバイダーから別の電力幅を購入する前に、現在の使用率レベルを分析し、既存のラックスペースを最適化する方法があるかどうかを判断します。 サーバーは別の仮想マシンをサポートできますか? ラックからデバイスを統合または削除できますか? 繰り返しますが、デバイスレベルで消費電力を監視すると、より多くの情報に基づいた意思決定を行うのに役立ちます。

Rahi Systemsは、データセンターインフラストラクチャの設計と最適化において、実社会での幅広い経験を持っています。 消費電力を分析できるソフトウェアおよびハードウェアツールの配列があり、高度に利用された高密度ラックを構成するための詳細なデータを専門家に提供します。 投資から最大の価値を得るために、コロケーションキャパシティの計画をお手伝いします。

アバター

ラヒシステムズについて

Rahi SystemsはグローバルITソリューションプロバイダーです。 データセンター、IT、オーディオ/ビデオソリューションを組み合わせて、効率を高め、顧客サービスを強化し、競争上の優位性を生み出す統合環境を構築する独自の能力があります。 私たちは、物理インフラストラクチャ、ストレージ、コンピューティング、ネットワーキング、電力と冷却、およびオーディオ/ビデオの完全な製品スイートを提供します。 さらに、Rahiは、お客様のテクノロジーソリューションのロジスティクス、配送、セットアップ、および継続的なサポートを支援する専門的で管理されたサービスを提供しています。

コメントを残す

エラー: コンテンツは保護されています!





选择语言 我ら CA
国を選択:

アメリカ - 英語

  • すべての国/地域
  • 北米
  • アジア太平洋地域
  • ヨーロッパ
  • 大中華圏
  • インド - 英語
  • 日本(東京会場での開催は終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。)
    日本語
  • シンガポール - 英語
  • 韓国- 한국어
  • オーストラリア - 英語