データセンターの運用をより安全かつ効率的にする適切なツール

データセンターの運用をより安全かつ効率的にする適切なツール

データセンター事業者は、常にコストを削減し効率を向上させる方法を模索しています。 適切なツールを使用することで、一般的な作業を数分で済ませ、コストを削減し、貴重なスタッフのリソースを解放することができます。 そのため、今日のデータセンター環境ではサーバーリフトが重要な役割を果たしています。

サーバーやその他のIT機器はかなり重いことがあります。 サーバーは通常75〜100ポンドの重量があり、一部の装置は800ポンドまで重量があります。 高密度のデータセンター環境でギアをラックやキャビネットに取り付けるのは難しい作業です。 手動で機器を設置するには、通常、少なくとも2人と30分の時間が必要です。

複数の人が装置を持ち上げても、けがの危険性は高いです。 労働安全衛生局によると、材料の手作業による取り扱いが米国での仕事関連傷害の主な原因であり、その負傷の80%が腰に影響を与えています。 米国労働省は、負傷により失業した日の36%以上が背中と肩の負傷であると指摘しています。

これらの統計を考慮すると、重いIT機器を持ち上げるように設計された機械装置に投資することは理にかなっています。 ServerLIFT データセンタ機器の輸送、設置、設置を容易にする動力付きおよび機械式のデータセンターリフトおよび関連アクセサリの包括的なラインを提供しています。

  • SL-1000X 500ポンド以上の重さの機器のためのスーパーデューティ
  • SL-500X頻繁に機器を移動するデータセンター用
  • 500FXフロントローディングラックへの拡張サポート
  • SL-350Xハンド機器の移動頻度が低いデータセンター用クランク式
  • RS-500Xレールリフトを使用して、機器をスロットレールに正確に位置決め
  • ボックスから機器を安全に取り外すためのLE-500XとLE-1000Xリフトエクステンション
  • 冷気通路封じ込め環境で天井に当たるのを避けるためのRL-500プラットフォームライザー

サーバーは、狭い通路をナビゲートできるコンパクトなデザインで丈夫なスチールフレームを持ち上げます。 大きな車輪は、ゲート、ドアストップなどを転がしやすく、持ち上げられた床にマークを残すことはありません。 スイベルハンドルはスムーズなコントロールを可能にし、フット操作式のデュアルポイントスタビライザーブレーキは機器設置中の動きを防ぎます。

ロープロファイルのプラットフォームを使用すると、機器をリフトに簡単に搭載し、機器をラックの底に簡単に取り付けることができます。 持ち上げ機構は、背の高いラックやキャビネットに対応するために、8フィート以上の装置を持ち上げます。 一部のリフトにはサイドロード機能があり、ユニットをラックと平行にして設備を設置することができます。

一部のデータセンターラックには、サーバー上のネイルヘッドに合わせたスロットを備えたスライドレールが用意されています。 アライメントは時間がかかり、困難であり、サーバーを正確な角度に保持する必要があります。 RS-500Xは、リフトと連動して、設置および取り外し時にサーバの角度を制御します。

3月の21-22からロンドンで開催されたData Center Worldでは、 ServerLIFT 60秒のサーバーインストールを実演しました。 また、参加者は、ServerLIFTデバイスを「テストドライブ」する機会を得て、重い機器を簡単に設置できるようになりました。

今日のダイナミック データセンター環境装置は頻繁に設置され、移動され、除去される。 Rahi Systemsは、ServerLIFT製品を使用して時間を節約し、リスクを削減し、データセンターの日常業務を改善する方法を紹介します。

アバター

ラヒシステムズについて

Rahi SystemsはグローバルITソリューションプロバイダーです。 データセンター、IT、オーディオ/ビデオソリューションを組み合わせて、効率を高め、顧客サービスを強化し、競争上の優位性を生み出す統合環境を構築する独自の能力があります。 私たちは、物理インフラストラクチャ、ストレージ、コンピューティング、ネットワーキング、電力と冷却、およびオーディオ/ビデオの完全な製品スイートを提供します。 さらに、Rahiは、お客様のテクノロジーソリューションのロジスティクス、配送、セットアップ、および継続的なサポートを支援する専門的で管理されたサービスを提供しています。

コメントを残す

エラー: コンテンツは保護されています!





选择语言 我ら CA
国を選択:

アメリカ - 英語

  • すべての国/地域
  • 北米
  • アジア太平洋地域
  • ヨーロッパ
  • 大中華圏
  • インド - 英語
  • 日本(東京会場での開催は終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。)
    日本語
  • シンガポール - 英語
  • 韓国- 한국어
  • オーストラリア - 英語