「統合された環境」はユーザーとITの両方の利益をもたらします

「統合された環境」はユーザーとITの両方の利益をもたらします

従来のIT環境は、モノリシックアプリケーションをサポートするための最善のコンポーネントを使用して構築されています。 個別のチームは、サーバー、ストレージサブシステム、およびネットワーク機器の管理と保守を担当しています。 その結果、IT担当者は、この環境をシステム全体としてどのように機能するか漠然とした考えのもと、個別のシステムとして見ている傾向があります。

組織がより柔軟で機敏なシステムを実装するにつれ、IT環境は進化しています。 ハイパーコンバージドインフラストラクチャとソフトウェア定義のアーキテクチャにより、アプリケーションとサービスをより迅速に展開し、変化する要求に対応できるように拡張することが可能になります。 それでも、IT部門は個々のテクノロジコンポーネントと、スムーズに動作するように実行する必要がある操作タスクに関係しています。

ユーザーは非常に異なる視点を持っています。 彼らは、IT環境を構成する複雑なシステムの配列についてほとんどまたは全く知らない。 彼らは仕事をするためにアクセスする必要があるアプリケーションとデータにのみ関心があります。 彼らは、コラボレーションツールを使用して同僚や顧客と情報を共有し、情報を共有したいと考えています。 そして、彼らはすべてが直感的な方法で一緒に働くことを望みます。

Rahi Systemsでは、これを "統合環境" - その相乗効果全体は、その部分の合計よりも大きい。 統合環境は、組織プロセスをサポートし、有効にするすべてのテクノロジーコンポーネントを網羅しています。 これには、ユーザーがやりとりするデバイスやアプリケーション、裏でサポートするインフラストラクチャが含まれます。 すべてがシームレスに連携すると、ユーザーエクスペリエンスを最適化し、IT運用を合理化できます。

データセンターは、統合環境の中核をなすものです。 オンプレミスまたは 主催 コロケーション施設で、クラウドベースのサービスを組み込む可能性があります。 また、ますますネットワークの端に押し出され、処理能力をユーザーやデバイスに近づけることでレイテンシーを削減します。

これらのすべては、デバイスをユーザーとお互いに接続するローカルおよびワイドエリアネットワークによって相互接続されています。 WANは、クラウドへのアクセスも提供する必要があります。 接続性 遠隔地の場合。 ユーザーは頻繁に無線LAN経由で接続します。無線LANは、デバイス密度とアプリケーション要件の増加をサポートする能力を備えていなければなりません。

そこからユーザーの視点が得られます。 ますます、組織は、クラウドベースの生産性アプリケーションを活用して、いつでも、どこでも、必要なツールにアクセスすることができます。 オーディオ/ビデオソリューションも統合された環境の中で成長しています。 会議やテレプレゼンスシステムからデジタルサイネージやビデオウォールに至るまで、A / V機器はコミュニケーション、コラボレーション、情報共有を可能にします。

Rahi Systemsのチームは、統合環境全体で専門知識を持っています。 最適化された インフラ あらゆる施設で、データセンターの構築を加速するモジュール式コンポーネントのフルラインを提供します。 また、世界中のコロケーションプロバイダーとの関係を維持し、お客様のニーズと予算に合った適切な施設の選択を支援します。

当社のエンジニアは、データ分析や機械学習のための強力なプラットフォームを含む、コンピューティング、ストレージ、ネットワーキングソリューションに関する豊富な経験を持っています。 分散環境をサポートするための費用対効果の高い通信サービスと、安全で費用対効果の高いクラウドアクセスのためのデータセンター相互接続の提供を支援します。

当社のA / Vチームは、最先端のA / V機器の設計、統合、設置、サポートを専門としています。 私たちは、 職場の生産性 費用対効果に優れ、使いやすいコミュニケーションとコラボレーションソリューションを提供します。

統合された環境では、ユーザーエクスペリエンスが強調され、同時にIT運用プロセスが合理化されます。 Rahi Systemsは、環境を最適化し、職場の生産性を高めるために必要なリソースを提供することができます。

コメントを残す

エラー: コンテンツは保護されています!





选择语言 US CA
国を選択:

アメリカ - 英語

  • すべての国/地域
  • 北米
  • アジア太平洋地域
  • ヨーロッパ
  • 大中華圏
  • インド - 英語
  • 日本(東京会場での開催は終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。)<br> 日本語
  • シンガポール - 英語
  • 韓国- 一口
  • オーストラリア - 英語