• 購入
  • サポート
  • 言語を選択してください US CA
    国を選択:

    アメリカ - 英語

    • すべての国/地域
    • 北米
    • ラテンアメリカ
    • アジア太平洋地域
    • ヨーロッパ
    • 大中華圏
    • 日本(東京会場での開催は終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。)<br> 日本語
    • 韓国- 한국어
    • オーストラリア - 英語

通路の封じ込めは、最適化のための実証済みの手法です データセンターの冷却。 これは、ラックとキャビネットをXNUMX列のラックの前面が隣接する列のラックの前面に面するように配置するというベストプラクティスに基づいています。 そうすれば、後方からの高温の排気が近くの機器に引き込まれる可能性が低くなります。 通路封じ込めソリューションは、特定の通路内の空気を取り込むことにより、熱気と冷気の混合をさらに最小限に抑えます。

コールドアイルコンテインメントとホットアイルコンテインメントのXNUMXつの選択肢があり、どちらに進むべきかについてのガイダンスは市場にあまりありません。 ただし、決定に役立つ変数がいくつかあります。 これは、データセンターがどのように冷却され、どこで熱が排除されるかによって異なります。

コールドアイルの封じ込めは、はるかに一般的な手法です。 通常、ドアは通路の両端に設置され、通路が冷気で満たされるようになっています。 屋根も使われることがあります。 冷気を機器の吸気側に集中させることに加えて、コールドアイルコンテインメントはITスタッフにとってより快適な環境を提供します。

なぜホットアイル封じ込め

ホットアイルの封じ込めにも価値がありますが、直感的ではありません。 ホットアイル封じ込めの目標は、最も高温のポイントで排気をトラップし、ACリターンへの直接経路を提供することです。 ホットアイルの封じ込めにより、ACユニットの冷却能力が向上します。これは、給気温度と還気温度の差の比率として測定されます。 

それを念頭に置いて、ホットアイル封じ込めが好ましい方法となるXNUMXつの状況があります。

冷気が通路に効果的に流入していません。 コールドアイルをボックスオフする場合は、冷気がスペースに流入していることを確認する必要があります。 そうしないと、冷気が冷たい通路から熱い通路に吹き込むだけで、機器を冷却しません。

データセンターにはスラブフロアがあります。 コールドアイルコンテインメントは、コンテインメントエリアの外側で冷気が発生し、床から持ち込まれる環境で最もよく使用されます。 スラブの床がある場合は、冷気を取り込み、熱気を遮断するために、封じ込めシステムをコールドアイルの天井まで持ち上げる必要があります。

列内冷却を使用しています。 列内冷却ユニットは、還気が可能な限り高温の場合に最も効率的であるため、ホットアイルコンテインメントを使用する必要があります。 また、列内冷却ユニットがコールドアイルコンテインメント構成で故障した場合、冷気はIT機器に到達しません。

通路封じ込めのベストプラクティス

どちらのタイプの通路封じ込めを使用する場合でも、ラックが列内にない場合、または機器がラック内のスペース内にない場合は、ブランキングパネルを設置することが重要です。 これらのスペースが満たされていない場合、熱風と冷気の混合が発生する可能性があります。

温度と湿度の監視も重要です。 センサーは環境全体に配置し、リモートで監視して、機器に害を及ぼす可能性のあるホットスポットやその他の問題がないことを確認できます。

より多くのヘッドルームを確保するために、屋根を上げることを検討することをお勧めします。 ほとんどの封じ込めシステムには、ラックの上部を覆う平らな屋根があります。 多くのデータセンターは48Uおよび52Uラックを使用しています。つまり、上部のギアに到達するにははしごが必要です。 はしごに乗っているときに頭を曲げる必要がないように、屋根をXNUMX〜XNUMXインチ上げることをお勧めします。

コールドアイルとホットアイルの封じ込めの選択に関して、厳格な規則はありません。 ただし、ACシステムがどのように機能し、データセンターの冷却がどのように設計されているかを理解していれば、ホットアイルの封じ込めが望ましい状況を特定できます。

Patrickは、RahiのグローバルITソリューションアーキテクトであり、製品の設計と発売、ITインフラストラクチャの設計、技術販売、およびプロジェクト管理を専門としています。 彼の焦点は、革新的なデータセンターとラボインフラストラクチャの設計、およびITとビジネスの問題を解決するための最先端のソリューションの使用です。

エラー: コンテンツは保護されています!
X