DCIMがデータセンターの運用を最適化する方法

DCIMがデータセンターの運用を最適化する方法

私たちは皆統計を聞いてきました。 IT予算の80%は、データセンターのライトを維持するためのものです。 そのため、テクノロジー投資によるビジネス上の価値を生み出す戦略的イニシアチブでは20%が利用可能になります。

このバランスを変えようとしている多くの組織は、データセンターインフラストラクチャ管理(DCIM)ソリューションを実装しています。 大まかに言えば、DCIMとは、データセンター設備管理とIT運用の統合を指します。 可用性を最大限に高め、床面積の使用を最適化し、エネルギーと冷却の効率を高め、IT環境の変化の潜在的影響をよりよく理解するように設計されています。

DCIMは、リアルタイムでデータを収集し、ダッシュボードやその他のビジュアライゼーションツールでそれを相関させ、多くの時間を要するタスクを自動化することによって、これらの目標を達成します。 運用上のオーバーヘッドと管理の複雑さを軽減してコスト削減に役立ちます。 ガートナーはDCIMを (サーバ、ストレージ、ネットワークスイッチなどの)すべてのIT関連機器および配電設備やコンピュータ室の空調機などの設備インフラストラクチャコンポーネントのデータセンター利用率とエネルギー消費を監視、測定、管理および/ "

DCIMソフトウェアには、構成および変更管理のためのデータセンター環境の回路図を作成するためのツールが含まれています。 ほとんどのツールはラックレベルまでの視覚化を提供し、3-Dの表現やバーチャルな「フライスルー」を提供します。リアルタイムの監視と分析ツールは、運用チームが電気システムと機械システムを管理し、IT機器のパフォーマンスと可用性を確保します。 履歴パフォーマンスデータは、キャパシティプランニングに役立ちます。

DCIMは、利用している組織にとって本当の恩恵です。 エッジデータセンター. 適切なDCIMツールを使用すると、地理的に分散した施設全体に単一のウィンドウ区画を表示でき、運用チームがインフラストラクチャを遠隔監視および制御できるようになります。 これにより、旅費が最小限に抑えられ、効率が向上し、無人または人材のみがパートタイムでしか使用されないエッジ設備のダウンタイムのリスクが低減されます。

Moran ConsultingがSpring 2017で行ったIT意思決定者の調査によると、回答者の80はDCIMソリューションを導入したと回答しています。 DCIMを実装していた人の57%のために、時間のかかる問題を解決するための自動化されたツールが必要でした。 43の場合、1ドライバはレガシーテクノロジを更新する必要がありましたが、41は複雑なIT環境をサポートするという課題に取り組んでいました。 DCIMを導入した組織の約半数(51%)が、25%以上のコスト削減につながったと述べています。

DCIMソリューションを持たない団体の中で、51のパーセントは、次の12ヶ月以内に彼らを実装するつもりであると答えた。 しかし、調査回答者の33%はDCIMプロジェクトの予算を持っていないと答えており、28%はDCIMがどのように利益を得るかを見ていない。

DCIMは重要なビジネス価値を提供することができますが、実装して使用するのは複雑なことがあります。 良いニュースは、ベンダーがより堅牢でユーザーフレンドリーな製品を提供しており、新しいクラウドベースのツールは、DCIMを小規模のデータセンターオペレーターの手の届くところに置くことです。

Rahi Systemsは、業界最高レベルのDCIMツールを提供しています。 インフラ管理 ソリューション。 DCIMを活用してデータセンターの運用を最適化し、IT予算の大部分をイノベーションに配分するお手伝いをしましょう。

アバター

ラヒシステムズについて

Rahi SystemsはグローバルITソリューションプロバイダーです。 データセンター、IT、オーディオ/ビデオソリューションを組み合わせて、効率を高め、顧客サービスを強化し、競争上の優位性を生み出す統合環境を構築する独自の能力があります。 私たちは、物理インフラストラクチャ、ストレージ、コンピューティング、ネットワーキング、電力と冷却、およびオーディオ/ビデオの完全な製品スイートを提供します。 さらに、Rahiは、お客様のテクノロジーソリューションのロジスティクス、配送、セットアップ、および継続的なサポートを支援する専門的で管理されたサービスを提供しています。

コメントを残す

エラー: コンテンツは保護されています!





选择语言 我ら CA
国を選択:

アメリカ - 英語

  • すべての国/地域
  • 北米
  • アジア太平洋地域
  • ヨーロッパ
  • 大中華圏
  • インド - 英語
  • 日本(東京会場での開催は終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。)
    日本語
  • シンガポール - 英語
  • 韓国- 한국어
  • オーストラリア - 英語