スペア管理でグリップを獲得

スペア管理でグリップを獲得

「スペア」は、実稼働状態ではないが、必要なときに使用できる資産として定義できます。 通常、その価値は書籍の資産です。 スペアは「消耗品」とは異なります。「消耗品」は、大量に購入して在庫を維持するパッチコードなどの比較的低コストのアイテムです。

あらゆる データセンター ダウンタイムの回避策として、または急速な成長に対応するために、予備の機器を使用しています。 スペアを利用できるのは賢明ですが、それらを効果的に管理している組織はほとんどありません。 これは、コストの閉じ込め、スペースの無駄使い、 セキュリティ 資産が適切に処分されない場合のコンプライアンスリスク。

スペアは修理目的で積極的に購入される場合があります、リードタイムをバイパスするため、または予想される「戦略的予備」として、容量を迅速に追加する必要がある場合があります。

資産は意図せずにスペアになる可能性がありますが、おそらくプロジェクトX向けでしたが、計画が変更されたか、「念のため」に購入されたものの、実際には使用されませんでした。 また、スペアが生産されていた可能性があり、新しい技術に交換してからスペアとして棚に戻す必要があり、さらに古い技術を積み重ねるというシナリオもあります。

次に、役に立たない「スペア」があります。廃止された、または欠陥のある機器は、完全に廃棄して廃棄する必要があります。 少なくとも、この機器はスペースを占有し、管理しにくい散らかったデータセンターを作成します。

ただし、ITチームは、財務が監査またはインベントリに参加するまで、スペア管理についてほとんど考えません。 突然、経営陣はこのすべての機器を見て、お金を数え始めます。 これにより追加されるコンピューター機器の価値は、すぐに5桁、または6桁の数字に変わります!

スペアの管理が難しいのはなぜですか? まず、スペアは通常オフラインです。 つまり 従来のIT管理ツールはあまり役に立ちません。 もうXNUMXつの問題は、スペアパーツの目的や履歴を観察してもわからないことです。 純正のスペアである場合もあれば、生産から取り外されて「他の部品とともに」棚に置かれた欠陥部品である場合もあります。

資産に欠陥があることがわかっていても、必ずしも廃棄することはできません。 記憶媒体には個人を特定できる情報が含まれている可能性があり、他の種類の機器には公開すべきではない資格情報と構成が含まれている場合があります。 GDPRなどの企業ポリシー、法律、規制の順守により、廃止措置が複雑なプロセスになります。 そのため、欠陥部品はしばしば念のため現場に保管されます。

適切なスペア管理は、ライフサイクル管理、可用性管理、財務管理など、多くのITおよびビジネス管理プロセスに影響を与えます。 資産管理 およびリスク管理。 組織内のさまざまな部門が関与しています。 最初のステップとして、何がスペアで何が消耗品かを定義する必要があります。 それは、ドル価値のような単純なものかもしれません-1,000ドル未満はすべて消耗品です。 定義が完了したら、DCIMツールと構成管理データベースを使用して、スペアの管理を簡素化できます。

スペアを管理するために、 データセンター内の各アセットを確認する必要があります -ラックの有無にかかわらず、ビジネスにとっての価値がそこにあるリスクとコストを上回るかどうかを判断します。 もしそうなら、それを保管してください。 そうでない場合は、責任のある文書化された方法で廃棄してください。

この状態に到達するには、オンサイトのインベントリ、監査、およびクリーンアップが必要になる場合があります。 Rahi Systemsはこれを支援できます。 また、スペア管理プロセスを開始すると、各監査サイクルでますます手間がかからなくなります。

マーク・ボウマン

マーク・ボウマンについて

コメントを残す