データセンターの意思決定に大きく影響するGDPR

データセンターの意思決定に大きく影響するGDPR

世界中の組織は、May 25th欧州連合(EU)の一般データ保護規制(GDPR)が発効する日である。 GDPRは、EUに住んでいる人の個人データの厳重な保護を義務づけています。 そのようなデータを処理または格納する組織は、これらの新しい規則を遵守しなければなりません。

Opinion Mattersが実施した3月の2018調査によると、GDPRの期限を過ぎる組織はほとんどありません。 IT意思決定者の3分の2は、組織が準備できていない可能性があり、35は違反に対する財政罰金(年間収益の4%まで)がその存在を脅かす可能性があると懸念している。

いくつかの点で、GDPRは、データのセキュリティとプライバシーを確​​保するための技術的な管理と、データ侵害が発生した場合の影響を受ける個人への通知を必要とする点で、他のデータ保護規則と同様です。 しかし、全体として考えれば、 GDPRは他の規制要件よりもはるかに広い範囲である。 特に米国の企業は、データ管理プラクティス、さらにはデータセンターの位置を再考することを余儀なくされています。

一つ目は、GDPRは個々のデータ主体が個人情報を実質的にコントロールできるようにすることです。 組織は、個人が自分のデータにアクセスできるように準備し、情報をどのように使用しているか、どのくらいの期間データを保持し、誰と共有するかを明確かつ簡潔な言葉で説明する必要があります。 個人は、不正確を訂正する権利、特定のデータ処理活動に異議を申し立て、そのデータを消去するよう要求する権利(「忘れる権利」)を有する。 これらの権利には一定の制限がありますが、組織は一般的に1か月以内にそのような要求に従わなければなりません。

これらの要件を満たすために、 組織は、個人に関連するすべてのデータが保存されている場所を知り、迅速にそのデータにアクセスできるようにする必要があります。 しかし、Opinion Mattersによって調査された組織の39%だけが、データの保存場所を知っていると自負しています。

データの地理的位置はGDPRの下で重要であり、そのデータは28 EU諸国の1つに格納され、処理されることが望ましい。 データは、適切なレベルのデータ保護とみなされているアイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー(欧州経済地域の一部)および11諸国と同様に、それらの国々間で自由に転送することができます。 米国組織はEU-米国プライバシー保護プログラムに参加してEUデータの転送を容易にすることができますが、米国はこれらの国にはないことに注意してください。

規則の複雑さと高い財政的賭けを考えると、 米国の多くの組織は、EUのデータセンターにデータを保存することを選択しています。 多くのクラウドサービスプロバイダは、EUのデータセンターも検討しています。 ただし、サービスプロバイダーと顧客は、トラフィックフローとクラウドゲートウェイの場所を慎重に管理する必要があります。 データは、契約下のエンティティ間、企業ルールの拘束、行動規範および認証スキームの間を流れることができますが、適切な監督当局によって承認されなければなりません。

コンプライアンスの締め切りが近づくにつれて、GDPRはデータセンターの意思決定に幅広い影響を与えています。 Rahi Systemsは、これらの決定をナビゲートし、GDPRの義務を満たすように働くための専門知識とグローバルフットプリントを持っています。

April 18に関するウェビナーに参加してくださいth GDPRがどのようにあなたのビジネスに影響を与えるかについての詳細をご覧ください。 今すぐ登録

 

 

アバター

ラヒについて

RahiはグローバルITソリューションプロバイダーです。 当社は、データセンター、IT、およびオーディオ/ビデオソリューションを独自に組み合わせて、効率を高め、顧客サービスを強化し、競争上の優位性を生み出す統合環境を作成することができます。 物理インフラストラクチャ、ストレージ、コンピューティング、ネットワーキング、電力と冷却、およびオーディオ/ビデオの製品の完全なスイートを提供します。 さらに、Rahiは、ロジスティクス、配送、セットアップ、およびテクノロジーソリューションの継続的なサポートにおいて顧客を支援するために、専門的で管理されたサービスを提供します。

コメントを残す

エラー: コンテンツは保護されています!





选择语言 US CA
国を選択:

アメリカ - 英語

  • すべての国/地域
  • 北米
  • アジア太平洋地域
  • ヨーロッパ
  • 大中華圏
  • インド - 英語
  • 日本(東京会場での開催は終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。)<br> 日本語
  • シンガポール - 英語
  • 韓国- 一口
  • オーストラリア - 英語