コラボレーション標準はチームをより効果的にするのに役立ちます

コラボレーション標準はチームをより効果的にするのに役立ちます

適切なコラボレーションテクノロジは、コミュニケーションを改善し、ワークフローを合理化し、そして意思決定を向上させることによって、真のビジネス上の利益をもたらすことができます。 ただし、多くの組織では、従業員がさまざまなコラボレーションツールを使用しているため、反対の効果があります。

CITE Researchが最近行った調査によると、平均的なナレッジワーカーは4つの別々のチームコラボレーションアプリケーションを使用しています。 3分の2以上(68パーセント)は、これらのアプリ間を6分ごとに頻繁に移動し、毎日最大1時間の作業時間を無駄にしていると述べました。 70%が、これらのアプリは非常に多くのリアルタイム通信を生成するため、実際に仕事をやり遂げるのが難しいと回答しました。

私たちはどのようにしてこの事態に陥りましたか? コラボレーションテクノロジは、今日の地理的に分散したチーム、および多数のクラウドベースのチームにとって必要不可欠なものとなっています サービス このニーズに応えるために市場に参入しました。 ユーザーは、数回クリックするだけで、ほとんどまたはまったく無料でそれらを採用できます。 時間が経つにつれて、チームは特定のプラットフォームやアプリを好むようになるでしょう。彼らはそれに精通しているからです。

しかし、組織全体のさまざまなチームが異なるツールを使用すると、お互いに会話を始めることさえ難しくなります。 これらのソリューションを単一のユーザーインターフェイスで橋渡ししたり、さまざまなプラットフォーム間で情報を共有したりする方法はありません。 人々は、異なるグループとコミュニケーションをとるためだけに、複数のアプリケーションを切り替えます。

そのため、組織は会議およびコラボレーションテクノロジの標準を確立する必要があります。 標準はお金を節約します、 ダウンタイムを短縮し生産性を向上 一貫したユーザーエクスペリエンスを可能にすることによって。 ただし、ユーザーが既にクラウドベースのコラボレーションツールに精通している場合は、より大きなスペースを調整する際にジレンマが生じる可能性があります。

これらの施設では、より「リアルな」体験を実現するための複数のカメラ、すべての会議参加者をカバーするのに十分な数のマイクロフォン、および誰もが言われることを聞くことができる高品質のスピーカーが必要です。 ユーザーは自分のデバイスからビデオ会議を開始する機能が必要です。 デジタルホワイトボードと他のツールを統合する 会話に。 最も重要なことは、彼らは全プロセスを単純にする直感的なユーザーインターフェースですべての機器を管理するための統合された方法を必要としています。

Q-SYS Connected会議室との統合 QSC大規模な部屋で「ソフトコーデック」コラボレーションツールを使用すると、組織は質の高いユーザーエクスペリエンスを提供できます。 このソリューションにより、クラウドベースのコラボレーションアプリケーションを実行しているエンドポイントは、ハードウェアやデバイスドライバを追加することなく、Q-SYSオーディオおよび会議機器と簡単に連携できます。

このソリューションは、QSCのネットワークオーディオおよびビデオコンポーネントのエコシステムを活用しています。 最小の会議室から最大の会議スペースまで。 QSCプラットフォームで標準化することで、組織はさまざまな製造元からハードウェアとソフトウェアを入手して統合することに関連する時間とコストを大幅に削減できます。

コラボレーションツールはチームワークを促進し、ワークフローを改善すると考えられていますが、会議およびコラボレーションアプリの急増により、プロセスが過度に複雑になっています。 組織が会議室にコラボレーションソリューションを実装する必要がある場合にのみ、問題は悪化します。 当然のことながら、ユーザーがデスクトップに実装した使い慣れたクラウドベースのツールを使用するのが一般的ですが、これらのアプリには、トレーニングルームやより大きな会議スペースに必要な堅牢な機能が欠けています。

ラヒシステムA / Vエキスパートのチームは、あらゆる規模の会議スペースの会議およびコラボレーション標準を組織が定義するのを支援することを専門としています。 QSCエコシステムとQ-SYS Connected Meeting Room統合によって、企業全体で一貫したコラボレーションエクスペリエンスを実現する方法を説明します。

返信を残します