• 探してみる
  • サポート
  • 言語を選択してください US CA
    国を選択:

    アメリカ - 英語

    • すべての国/地域
    • 北米
    • ラテンアメリカ
    • アジア太平洋地域
    • ヨーロッパ
    • 大中華圏
    • 日本(東京会場での開催は終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。)<br> 日本語
    • 韓国- 한국어
    • オーストラリア - 英語
アリスタリーフ-スパインアーキテクチャ

レイヤー2リーフスパイン–L2LS設計

この設計では、2つのスパインスイッチがMLAGドメインとしてペアになっており、単一のスイッチとしてリーフスイッチに提示されます。 トポロジ内のすべてのリンクは、ポートがブロックされていない転送に使用されます。 簡単に言えば、これはレイヤー2データセンターの設計です。 残りの ネットワーク レイヤ2とレイヤ3の両方の機能を実行し、データセンターVLANのVLAN間ゲートウェイとして機能するSpineスイッチに接続します。

レイヤー2リーフスパイン-L2LSデザイン

L2LS設計の主な利点は次のとおりです。

  • サーバーVLANの再構成を最小限に抑えて、レガシー3層設計からリーフスパイン設計への移行中の継続性を可能にします。
  • スパインレイヤーは、リーフスイッチへの単一のスイッチとして表示され、決定論的なレイヤー2パスを可能にします。
  • MLAGはトポロジ内のレイヤ2ループを削除するため、STPの問題はありません。
  • 主な利点は、オープンスタンダードのプロトコルが使用されているため、マルチベンダー展開での相互運用性です。

レイヤー3リーフスパイン–L3LS設計

この設計では、スパインスイッチに2つのスイッチ制限はありません。 リーフスイッチのスイッチハードウェアでのECMPスケーラビリティとポートの可用性に関する制限を条件として、任意の数のスパインスイッチを使用できます。 

ECMP(Equal Cost Multipathing)を使用すると、リーフから使用可能なすべてのアップリンクが転送に使用されます。 デスティネーションリーフスイッチに到達するための実際のコストは、アンダーレイルーティングプロトコルによって決定されます。 トポロジ内のすべてのリンクが転送に使用されます。 トポロジは完全にレイヤ3であるため、STPは必要ありません。 簡単に言えば、これはレイヤー3です データセンターの設計

ネットワークの残りの部分は通常、ボーダーリーフスイッチと呼ばれる専用のリーフスイッチを介して接続します。

レイヤー3オーバーレイを備えたレイヤー2IPファブリック

L3LS設計では、ルート交換に2つのプロトコルが必要です。 トポロジ内のすべてのスイッチ(リーフとスパイン)間の到達可能性を提供するには、アンダーレイにXNUMXつのルーティングプロトコルが必要です。 この目的のために、通常、eBGPは、リーフとスパインの間で使用され、スパインは個別のプライベートAS番号にあり、リーフは独自のPOD固有/シングルリーフAS番号にあります。 物理インターフェイスIPは、リンク障害が発生した場合にルートを確実に撤回するためにeBGPピアリングに使用されます。

MP-BGPを使用してEVPNルートを交換するには、XNUMX番目のルーティングプロトコル(BGP)が必要です。 EVPNはVXLANと組み合わせて展開され、EVPNはVXLANデータプレーンのコントロールプレーン機能を実行します。 ヘッドエンドレプリケーション(HER)を使用してVXLANフラッディングを使用することは可能ですが、東西のトラフィック転送に必要なMAC-IPルートを学習するための最適ではない手段であるためお勧めしません。

注意すべきもう3つの重要な点は、リーフスイッチのペアでMLAGを使用して、LXNUMXLS設計でデュアルホームコンピューティングシナリオをサポートできることです。 この場合、リーフスイッチは、EVPNオーバーレイルーティングプロトコルに参加するループバックインターフェイスでエニーキャストVTEP IPを使用することにより、単一のVTEPとして論理的に構成されます。

VXLANは、実際のデータ転送のために、このL2トポロジの上にあるL3オーバーレイとして使用されます。

レイヤー3オーバーレイを備えたレイヤー2IPファブリック
レイヤー3オーバーレイを備えたレイヤー2IPファブリック

L3LS設計の主な利点は次のとおりです。

  • レイヤ2の境界を越えたレイヤ3通信を可能にします。
  • スパインスイッチの数を増やすことで、高レベルの水平スケーリングを実現できます。
  • 完全なレイヤー3ネットワークであるため、STPの問題はありません。
  • オープンスタンダードプロトコル(EVPN、VXLAN)が使用されているため、マルチベンダー展開での相互運用性。
  • ECMPルーティング
  • 確定的なフェイルオーバーパス

結論– 

ラヒ 企業が多数のベンダーから市場で入手可能な最新のリーフスパインソリューションを特定して展​​開するのに役立ちます。 Rahiは、世界中に高度にスケーラブルなデータセンターネットワークを展開した豊富な経験と、1日目の構成と2日目のサポートのための経験豊富なプロフェッショナルサービスとマネージドサービスチームを持っています。

詳細を知りたい場合はお読みください パート1.

クリシュナはネットワークソリューションアーキテクトであり、ソフトウェア定義ネットワークの初期の愛好家です。 彼は、いくつかの画期的なプロジェクトを含め、世界中で実行されるIPネットワークの設計と実装において15年以上のコンサルティング経験があります。 彼は、高度なプログラマビリティとセルフサービスを備えた大規模ネットワークの設計を専門としています。

エラー: コンテンツは保護されています!
X