キャンパスネットワークを展開するときに音声ビデオの要件を考慮する必要がある理由

キャンパスネットワークを展開するときに音声ビデオの要件を考慮する必要がある理由

ビデオ会議、デジタルサイネージ、およびその他の音声ビデオコンポーネントは、IT環境においてますます重要になっています。 これらのコンポーネントは、コンテンツの配信と管理のためにデータネットワークに接続する必要があります。 ただし、ボトルネックやパフォーマンスの問題が発生し、多くのA / V規格およびプロトコルをサポートする組織の能力が制限されるネットワークインフラストラクチャの設計時にA / Vを考慮している組織はほとんどありません。

伝統的な キャンパスネットワーク モデルは3つの層で構成されています。 コアレイヤは、サイト間の接続性と同様に高性能スイッチングを提供します。 ディストリビューションレイヤは、ルーティングとレイヤ3スイッチングを使用して、サブネットとVLANの間でデータを移動します。 アクセスレイヤは、エンドポイントデバイスに接続を提供します。 ネットワークには、ファイアウォールやその他のセキュリティコントロール、およびWi-Fiアクセス用のワイヤレスLANコントローラも含まれます。

ケーブルプラントは、これらのレイヤを接続し、データの流れを処理する物理的なバックボーンです。 ユーザーはイーサネットポートまたはWi-Fi経由で接続します。 この物理層は、多くの基本的なA / V接続の問題が発生する場所です。 会議室には、IP対応の電話、ディスプレイ、サウンドシステム、スクリーンキャスティングデバイス、および制御システムをサポートするための十分なポートがありません。 実際にはもっと多くの会議室が必要になる場合、会議室には1つのIPアドレスしか割り当てられないことがあります。 音声ビデオは他のアプリケーションと同じVLANを共有することがあります。

すべての AVコンポーネント 接続することができます ネットワークパフォーマンス 問題があると、ユーザーエクスペリエンスが低下する可能性があります。 一般的な症状には、音声通話の文字化け、ビデオ会議のぎこちなさ、接続の切断などがあります。 ネットワークには、ジッタ、待ち時間、パケット損失、およびリアルタイムの対話型アプリケーションの配信に影響を与えるその他の問題を最小限に抑えるために必要なサービス品質機能がありません。 これらの問題は、定期的、断続的、または特定の場所でのみ発生する可能性があります。

不十分な帯域幅はもう一つの大きな問題です。 ビデオは多くの帯域幅を消費するため、複数の会議室を持つ組織では、常にネットワークを介して大量のビデオデータが流れます。 十分な帯域幅がないと、A / Vシステムはコンテンツを送受信できません。 最悪の場合、特にユーザが重大なパケットドロップを経験しているときに、ネットワークが故障する可能性があります。

帯域幅の問題は、リアルタイムストリーミングと遅延ストリーミングのどちらでも発生します。 ユーザーがYouTubeビデオを見ている場合、ビデオがバッファリングされていれば問題ありません。 しかし、ある企業がCEOによる全員向けの会議のプレゼンテーションをストリーミング配信している場合は、ビデオを遅らせないことが重要です。 ネットワークパイプは、高品質の視聴体験を保証するのに十分な大きさでなければなりません。

さらに、TCP / IPネットワークは「ベストエフォート」モデルで動作することを忘れないでください。 アプリケーションが帯域幅を占有するのを防ぐためにネットワークに固有のものは何もありません。 アプリケーションとトラフィックを管理するためのポリシーベースのメカニズムとの間には、何らかの調整が必要です。 適切なビデオコーデックを使用することも重要です。 JPEG2000ビデオコーデックはリアルタイムストリーミングに使用されますが、H.264 / H.265コーデックは遅延ストリーミングに使用されます。

これは、A / Vシステムに影響を与える可能性があるネットワーキングの問題の一部を高レベルで示したものです。 今後の記事では、さまざまなA / V規格およびプロトコルに対するネットワークハードウェア要件、いくつかのA / Vユースケース、およびRahi Systemsのアプローチについて説明します。 A / Vネットワーク設計。 それまでの間、Rahi SystemsのネットワークチームとA / Vチームに連絡して、特定のニーズと課題について話し合ってください。

シュレヤンデサイ

Shreyans Desaiについて

Shreyans Desaiは、Rahi SystemsのNetworking PSEチームのソリューションアーキテクトです。 Rahi Systemsに入社する前は、ネットワークの自動化とシステムに焦点を当てたソリューションエンジニアでした。 彼の経験には、複数のベンダー(ジュニパーネットワークス、シスコ、パロアルトネットワークス、アリスタ、ファーウェイ)用のエンタープライズデータセンターおよびサービスプロバイダーのルーティング、スイッチング、セキュリティソリューションが含まれ、Amazon Webサービスのクラウドコンピューティングソリューションについても深い知識AWS)とOpenStack

返信を残します